チーズとワイン

  • HOME
  • チーズとワイン

01.チーズは万能だから。

チーズって、何にでも合うのですよ。
前菜からデザートまで。
チーズ好きにはたまらないでしょう?

クヴェレのチーズ料理で新たな発見とお気に入りを見つけてみてください。

チーズ盛り合わせ4種類

チーズ盛り合わせ4種類

前菜 Antipasto

約25種類のチーズから、お好きなチーズをお選びいただけます。
前菜でも、とりあえずの一皿でも充実した内容です。

できたて水牛モッツァレラチーズ岩塩・ジェノベーゼ・アンチョビ 3種の味で

できたて水牛モッツァレラチーズ
岩塩・ジェノベーゼ・アンチョビ 3種の味で

前菜 Antipasto

お店で仕上げるモッツァレラチーズです。
できたてを味わえますので、是非食感をお楽しみください。
オリーブオイルとともに、3種の味で本来のモッツァレラチーズをご堪能いただけます。

濃厚カルボナーラ

イタリアンパンチェッタで作る
濃厚カルボナーラ

メイン料理 Main

チーズたっぷりの濃厚カルボナーラです。
メインはパスタの他にも、ピザやリゾットなど、豊富なメニューからお選びいただけます。

濃厚ベイクドチーズケーキ

濃厚ベイクドチーズケーキ

デザート Dessert

カマンベールを丸ごとひとつとクリームチーズを贅沢に使用しています。
とにかく濃厚でとろけます。
チーズで作られた甘いデザートはハズせません。

02.チーズのいろいろ。

02.チーズのいろいろ。

温度

チーズを一番美味しく感じる温度があります。
それはチーズの種類や時期、熟成具合によって様々です。

チーズの美味しさを発揮させるには?
それは、適切な温度を見極めて、そのまま楽しむか、もしくは調理して素材との組み合わせを楽しむかです。

熟成

熟成

チーズは生きています。つまり、毎日変化・熟成しているのです。
チーズは約10~20℃の環境で徐々に熟成し、香りがどんどん強くなり、コクやクリーミーさも増していきます。
ちょうど良い状態で食べていただけるよう、5℃前後の冷蔵庫に入れて冷やし、チーズの熟成を調整しています。

クヴェレのチーズたちは、チルド室で皆様のお越しをお待ちしています。

チーズのタイプは7種類

チーズのタイプは7種類

製法や原料などでチーズのタイプは分かれます。
フレッシュタイプ・白カビタイプ・青カビタイプ・ウォッシュタイプ・シェーヴルタイプ・セミハードタイプ・ハードタイプ。

タイプ別で味わうのもクヴェレならではのチーズの楽しみ方です。
メニューのチーズリストから、お好きなチーズをお選びください。どのチーズがお好みですか?

ヘルシーで栄養価も高い

ヘルシーで栄養価も高い

チーズは、エネルギー量や脂肪分の多さから、太りそうというイメージがあるようですが、実はチーズはヘルシーなのです。
栄養価も高く、そして食材の旨味も引き立ててくれます。
クヴェレに来たなら、そんなこんなで、一番美味しい状態のチーズをお召し上がりください。

03.ワインと組み合わせてみる。

タイプ別もおもしろい

【赤ワイン】
テッレ・デル・バローロ 2010
Terre del Barolo

辛口フルボディ

×

【チーズ】
ゴルゴンゾーラ ピカンテ
GORGONZOLA PICCANTE GUFFANTI

青カビタイプ

イタリアを代表する赤ワインは、ガーネット色に輝き、風味豊かです。バランスが取れた赤は、フォアグラやジビエ料理など「クセ」があるものに良く合うので、ゴルゴンゾーラなどクセのある青カビタイプのチーズと相性ばっちりです。

【白ワイン】
トリンバック リースリング 2013
Trimbach Riesling

辛口

×

【チーズ】
テット・ド・モアンヌ・ド・モンターニュ
TETE DE MOINE DE MONTAGNE

セミハード・ハードタイプ

気品ある香りが漂うワインは、白桃のような果実の風味と、熟した柑橘系の香りが爽やかに広がります。
合わせるチーズは辛口の白と相性の良い、セミハードのチーズです。濃厚な味わいとふくよかな香りがたまらない組み合わせです。

【白ワイン】
ルーセット・ド・サヴォワ
“アルテス” 2014
Roussette de Savoie“altesse”

辛口

×

【チーズ】
クール・ド・リヨン
COEUR DE LION

セミハード・ハードタイプ

エキゾチックな香りの中に柑橘系やハーブの香りを感じる、上質な酸味が特徴のワインです。
それと合わせるのは、ミルクの甘みが感じられるクリーミーなカマンベールチーズです。口の中で合わせると、新しい世界が広がります。

同郷だとやっぱり合う

【赤ワイン】
ルイ・ジャド ブルゴーニュ・ルージュ
クーヴァン・デ・ジャコバン 2012
Louis Jadot Bourgogne Rouge
Couvent des Jacobins

ミディアムフルボディ

×

【チーズ】
エポワス
EPOISSES

ウォッシュタイプ

美しいオレンジ色のエポワスは熟成中、丹念に塩水と蒸留したブルゴーニュ地方の地酒で洗うことで、独特の香りと旨味を凝縮させます。
同郷のワインはフルーティさとスパイシーさを持ち合わせた、複雑な香りを感じる赤ワインです。

【白ワイン】
トリンバック リースリング 2013
Trimbach Riesling

辛口

×

【チーズ】
サント・モール・ド・トゥーレーヌ
SAINTE-MAURE DE TOURAINE

シェーヴルタイプ

ゴルゴンゾーラ村で作られる、柔らかい風味と青カビの独特のクセがあるチーズは、同郷の赤ワインと合わせるとコクが増します。
1本の葡萄樹に通常の8房を4房まで制限して凝縮を高めた贅沢な赤ワインは、色も濃く、香りも際立ち、濃厚チーズとの相性が良いです。

【赤ワイン】
カサーレ・ヴェッキオ・
モンテプルチャーノ・ダブルッツォ
Casale Vecchio Montepulciano d’Abruzzo

辛口

×

【チーズ】
ゴルゴンゾーラ ピカンテ
GORGONZOLA PICCANTE GUFFANTI

青カビタイプ

フランス中央にあるロワール川流域で作られている、山羊のミルクを使ったチーズです。
特有の強い個性を持ったチーズと合わせるのは、レモンや白桃の香り漂う、熟成感と酸味とのバランスが素晴らしい白ワインです。

04.チーズにも旬があるのです。

四季折々でチーズの種類が微妙に異なります。季節感をチーズで感じてみましょう。
チーズの原料は牛や羊、すなわち、食べる草の種類や風土によって味が左右されます。どの季節の牧草を食べたかによって、その季節ならではの美味しさが楽しめます。

クーロンヌ ロッシュワーズ

【春~夏】
クーロンヌとは王冠の意味で、真ん中に穴の空いたドーナツ型のチーズです。表面には灰がまぶしてあり、フレッシュな山羊チーズを雑菌から守り、熟成に必要なカビ菌の繁殖を促しています。
熟成するとまろやかな酸味と旨味も凝縮されます。
旬が春なのは、出産時期が終わった栄養価の高いフレッシュな山羊乳で作られるからです。

ゴルゴンゾーラ ピカンテ

【夏~秋】
ゴルゴンゾーラ村はアルプスの山地で放牧されていた牛が、秋になって平野部に移動して搾乳し、柔らかいチーズが作られます。
薄黄色の柔らかなチーズに青かびが筋状に入っていて、なめらかでピリっとした刺激があります。

モン・ドール

【秋~冬】
モンドール地帯で生産され、「チーズの真珠」と称されています。
生産時期が8月~3月と季節限定で販売期間も限られているため、貴重なチーズです。
内側のトロリとした部分は、濃厚なミルクの味に、木の香りがほのかに香る幻想的な味わいです。

05.揺るがない、チーズ料理の代表。

05.揺るがない、チーズ料理の代表。

とり~りあつあつラクレット
ハイジのチーズ

お好きな具材をお選びいただき、ラクレットチーズをふんだんに乗せる人気の一品です。ラクレットチーズが絶妙に活かされる食べ方でお楽しみください。

【選べる具材】
野菜、2種類のジャガイモ、ベーコン、サルシッチャ、バケット

05.揺るがない、チーズ料理の代表。

ペラガッティーノチーズの器で仕上げる
焼きチーズリゾット

注文をお受けしてから目の前で仕上げるチーズリゾットです。長期熟成された、たっぷりのペラガッティーノチーズを絡めます。
焼きチーズとともに一口食べると至福の味を楽しめます。

05.揺るがない、チーズ料理の代表。

チーズ家の
ブルーチーズフォンデュ

3種のチーズを使用しています。
スタンダードなチーズフォンデュにゴルゴンゾーラを加えたタイプも用意しております。
トロトロ熱々で、コクがある深い味わいをお楽しみください。

05.揺るがない、チーズ料理の代表。

できたて水牛ブッラータ
トマトコンポート添え

お店で仕上げる、できたてのブッラータチーズです。
当店ではオリジナルで、リコッタチーズと蜂蜜と生クリームを水牛モッツァレラチーズで包み込んで作ります。
ナイフで切ると中からクリームが溢れ出てきます。

お問い合わせ

TEL:052-961-6100052-961-6100

         

【営業時間】17:30~25:00(L.O.24:30)
【定休日】不定休


         

※ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム